Jupyter notebookでファイルを開く [Pythonの学習お助け情報]

プログラミングを学んでいくなかで、jupyter notebookを使いこなすことは、学習効率をあげるうえで大切です。書籍では、学習に用いるinputデータやあらかじめコードが入力されているサンプルファイルをダウンロードして用いることがあります。しかし、肝心のダウンロードが行えてもその保存したフォルダの指定のファイルを開くという作業は書籍では紹介されておりません。ここでは、学習するうえで必要な「ファイルの開き方」を紹介していきます。

Jupyter notebookの基本は以下の記事で紹介してます。

任意の場所に保存しているフォルダにアクセスする

最近の学習書をダウンロードしたら次は、以下の手順に進みます。

ダウンロードフォルダの保存場所の表示

Jupyter notebookでファイルを開く

フォルダ保存場所を開いて確認

自分でどこに保存したか明確な場合は、フォルダの場所をアクセスして上部のパスをコピーします。

ファイル・フォルダの「プロパティ」-「場所」から確認

該当のフォルダを「右クリック」して「プロパティを表示」させたのち、「場所」からそのファイルの保存場所をコピーします。

Jupyter notebookでファイルを開く

以下のコードを入力して、先ほど確認したフォルダの場所へ移動します。この「import os」を忘れずに入力してください。

# フォルダへの移動
import os
os.chdir(‘C:\\Users\\〇〇\\Python\\Python learning statistics\\sample’)# データのインポート
sample (任意の変数) = pd.read_csv(“sample.csv”)

上記の例では、ライブラリにpandas(pd.としてimport)を用いてcsv形式のファイルを出力しておりますが、ここの部分は各々が学習している書籍に形式があらわされているかと思いますので変えてください。

最後に これからエンジニア/データサイエンティストを目指す人へ

学習に用いるinputデータやあらかじめコードが入力されているサンプルファイルをダウンロードしてもその保存したフォルダの指定のファイルが開けなければ学習はそこでストップしてしまいます。学習するうえで必要な「ファイルの開き方」は基本中の基本ですので、ここでつまずくことなく自己学習をすすめていけたらと思います。

今回の情報が同じく人工知能を学んだりデータサイエンティストを目指している人の役に立てればなと思います。

データサイエンティストには高度な知識が要求されて、学習するのが大変!と思う人も多いかと思いますが、この記事で紹介されているように今後10年、20年先の鍵となる知識・技術です。

もし、独学での学習である程度の領域まで達成できた後は実践だ、という人やスクールに通ってもっと専門的な知識を学びたいという方には、以下のデータサイエンティスト向けの講座がおすすめです。なぜなら国の補助金制度を活用しながら自分の専門性を高めることができるからです。

自分に適した学習方法を確立させて将来のためのスキルアップを目指しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。