Jupyter notebook メモ書き をコード中に記入する方法

プログラミングを学んでいくなかで、jupyter notebookを使いこなすことは、学習効率をあげるうえで大切です。

ここでは、私が学習していくなかで便利だと思った機能を紹介していきます。

Jupyter notebookの基本は以下の記事で紹介してます。

コードの実行部と説明部を分けられる

書籍を読みながらプログラミングの勉強をする場合、テキストに[コード]と[説明]が併記されている場合がほとんどだと思います。
読みながら作業している場合は、そのコードの意味がわかっていても時間をおいて読み返したときにふと「このコードはどのような意味をもつのだっけな」と忘れてしまうことが多々あります。また、書籍には書かれていない自分ならではの気づきや感想を残したくなるときもあるかと思います。

そんなときに私はJupyter notebook中にメモを残しております。

Jupyter notebookでメモを残す方法

Jupyter notebookでは、そのまま文字列をメモとして入力したらコーディングエラーと表示されてしまいます。
なので、メモをとるときにはその文字列が「実行と関係のない文字列である」ということを示す必要があります。
そのための方法を紹介します。

“#(シャープ)”をつける

一番簡単な方法は“#(シャープ)”を、入力の先頭につけることです。そうすることで、Jupyter notebookないでは「緑色」にテキストが表示されて”#(シャープ)”以降の入力は全てプログラムの実行から除外されます。
つまり、このようにしてメモとして残せます。

jupyter notebook #テキスト

ただし、実行から除外されるのは”#(シャープ)”をつけた1行のみなので、メモが長文になる場合には表示画面からはみだしてしまうこともあります。
また、改行をした際にも”#(シャープ)”を再度つけなおす必要がありますので、場合によっては可読性が落ちてしまいます。
メモが長文にわたる場合には次に紹介する方法がおすすめです。

Markdownでテキスト形式

この”Markdown”はJupyter notebookのセルまるまる一つをテキスト入力のためのセルとして用いる際に使います。
設定方法は、In[ ]と書かれたセルを選んだ後に、jupyter notebook上部の初期状態で”Code ▼”と書かれている選択ボックスをクリックしたのちに現れる”Markdown”を選択します。
入力後に”Shift + Enter”で、Markdown形式のテキストセルが表示されます。

jupyter notebook Markdown

Markdownで表題作成

Markdownセルで”#(シャープ)”を入力すると、その後の入力が表題として表示されます。
“#(シャープ)”1つで最も大きい表題で、その後”#(シャープ)”の数を増やすごとに小さな表題となります。

Markdownで箇条書き

Markdownセルで、行の頭に“-(マイナス)”と” (半角スペース)”を入力することで箇条書き表示されます。
Markdownセルで、行の頭に”1(数字)”と”. (ドット)”+” (半角スペース)”を入力することで数字つきの箇条書き表示されます。

最後に これからエンジニア / データサイエンティストを目指す人へ

jupyter notebookでの学習効率をあげるうえで大切な、Jupyter notebook中にメモを残す方法を紹介しました。この機能を活用することで、
「このコードはどのような意味をもつのだっけな」と忘れてしまうことを防ぎ、書籍には書かれていない自分ならではの気づきや感想を残すことができます。

今回の情報が同じく人工知能を学んだりデータサイエンティストを目指している人の役に立てればなと思います。

データサイエンティストには高度な知識が要求されて、学習するのが大変!と思う人も多いかと思いますが、この記事で紹介されているように今後10年、20年先の鍵となる知識・技術です。

もし、独学での学習である程度の領域まで達成できた後は実践だ、という人やスクールに通ってもっと専門的な知識を学びたいという方には、以下のデータサイエンティスト向けの講座がおすすめです。なぜなら国の補助金制度を活用しながら自分の専門性を高めることができるからです。

自分に適した学習方法を確立させて将来のためのスキルアップを目指しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。