paizaの無料 e ラーニング講座 でPython学習[人工知能を独学で学ぶ(5)]

この記事は Python を独学で勝つ無料で基礎レベルの知識を習得したいと思う人対象としております。特に以下のような人にとっては以下に紹介するpaizaの無料 e ラーニング講座 は有力な勉強方法の一つと言えます。

  1. 日本語で学習したい
  2. 実際に自分の手を動かしながら学習したい
  3. 具体的な目標をイメージしながら学習したい

本記事で紹介しているスクリーンショットはpaizaラーニングより紹介しております。

paizaの無料 e ラーニング講座 の特徴

  • e-learning形式で動画の解説を見ながら実際に自分でコードをうつことができる
  • 1動画あたり2~3分なので、細かく行いやすい
  • 動画が終わった後は、演習課題でその内容の確認ができる
  • 学習の進行に合わせて”学習レベル”があがる

RPGゲームのテーマ性を持って学習することができる

例題や演習もRPGを意識したもので、”スライムを〇匹倒した”と表示させるなど、CODE COMBATほどゲーム色は強くありませんが楽しく学習できます。

また作成したプログラムの完成度・最適度(実行時間)に応じて、あなたが書いたコードに判定が下されます。練習問題を通して問題を解いていくと次第に学習レベルが上がり、ジョブが進化するなどの RPGを意識した演出も楽しめます。

学んだスキルでそのまま採用?プログラミング就活

またこのpaizaのサイトの特徴として就職転職などのリクルーティング機能(勝手に命名)が挙げられます。したの写真は新規ユーザー登録の際の画面ですが、登録に必要な個人情報の他に就業状況や就職意思について質問されます。また学習を進めていきコースの終業でもらえるポイントに応じて採用の案内や自身の履歴書として用いることができます。

paizaラーニングの流れ

画面構成の説明

  1. 動画エリアでは各チャプター約3分の動画が見れます。
  2. 補足テキストエリアには動画の補足情報や、解説している問題の問題文が表示されます。
  3. コードエリアでは自由にコードの記述・実行が可能です。動画を見ながら実際に自分でコードをことで理解を深めることができます。
  4. 入出力エリアでは、 実効後の出力や、プログラム実行に必要な標準入力の設定などが表示されます。

演習問題

動画によるそのコースの説明が終了した後に、「演習へ進む」ボタン押すとそのチャプターの学習内容を元にした類似問題が出題されます。その演習問題を解く際も、この画面に自由に戻ってくることが可能です。また、問題が解けないことによるペナルティもありません。
またどうしても回答がわからない場合には「チケット」を用いることで回答例を参照することができます。

よりレベルの高い学習をしたい場合は有料会員登録

paizaラーニングは無料で全てのコースを受講できるわけではなく、有料のものが存在します。本記事の目標である python の基礎を学ぶという目標であれば、無料講座の範囲で十分学習できると思います。 より高度なプログラミングについての知識を学びたい場合は、有料会員登録をすることでその先の課題へ進むことができます。

最後に

本paizaラーニングを一通り例題を自分の手で解くことによって python の基礎については学習できたる思います。人工知能を独学で学ぶという目的からはこの python プログラムの学習はある意味寄り道となってしまいました。しかしこの先人工知能や機械学習をより深いレベルで学習するためには理論の部分だけでなく実際に手を動かす作業による経験と学習が重要になります。

本当にプログラミング未経験の私はこのpaizaラーニング以外にもPython導入本として、『いちばんやさしいPythonスタートブック』と、楽しく学べるアウトプット方法としては、CODECOMBATを選びました。興味がある方は以下の記事も参照していただければと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。