Bookey touch 持ち運べる Bluetoothキーボード の使用レビュー

いきなりですが、「PCの操作性」と「スマホの携帯性」のどちらをとるか悩んだことはありませんか?そんな人は、一度は Bluetoothキーボード の購入を検討したことがあるのではないかと思います。
私は、よくカフェや本屋で読んで面白かった内容をスマホにメモしたり、自分の考えを整理してブログ記事を書いたりしています。
ノートPCをメインで使用しておりますが、外出先での使用のためにいつも持ち歩くのは重くて疲れてしまいます。

一方スマホは軽くて携帯性にすぐれどこにでも持ち歩くことができますが、文章を長時間フリック入力すると疲れてしまいます。

スマホで一番早い入力方法は「音声認識」による文章入力ですが、外出先での利用はなかなかできません。音声入力での文章作成に興味がある人は次の記事もどうぞ。

しかし私はPCの快適なタイピングと、スマ高い携帯性を損なわないキーボードを見つけました!それがこの Bluetoothキーボード「Bookey touch」です。

Bluetoothキーボード で普段使っているスマートフォンを快適操作

「Bookey touch」は折り畳み式のワイヤレスキーボードでスマホやタブレット、PCなどBluetooth対応の端末と接続することで使用できます。
折り畳んだ状態でスマホより一回り大きいくらいで、重量もタブレットよりも軽いです。
ここまでは一般のワイヤレスキーボードと同じような機能ですが、このキーボードには他にない画期的な機能がついています。
それは、タッチパッド機能でスマートフォンやタブレットをノートpcのように使える点です。

タッチパッドでは二本指で操作することによってスワイプと同様の機能が可能になります。
私がこのキーボードをスマートフォン(Android)で使用してみた感想を紹介したいと思います。

操作で良かった点

キー配置やショートカットキーの機能

キー配置やショートカットキーの機能が通常のPCとほとんど同じなのでストレスなく作業することができます。例えば、「SHIFT + 方向キー」で選択した範囲を「Ctrl + C」でコピー、「Ctrl + V」で貼り付けといった作業がスマホでできてしまいます。
また、大文字・小文字の変換も「Full/Half」キーもしくは、「SHIFT + Spaceキー」で入力できてしまいます。

複数の端末に対応し、3台同時ペアリングが可能

WindowsやiPhone、Androidなどの機種に対応しておりそれぞれにキーの設定が微妙にことなる部分はありますが同封されている説明書がわかりやすいので心配はございません。

操作で気になる点

一部キーボードが小さい

通常のキーボードと比べて気になった点は数字キー「1~9」や伸ばし棒「ー」に相当する最上段のキーが小さいために多少操作に慣れが必要です。

タッチパッドがキーボードのすぐ隣にあるのでEnterキーを押す際に誤操作してしまうことがありますが、タッチパッドをボタンひとつで簡単に無効にすることも出来ますので、一度タイピングに集中するようになりましたらオフにすることをおすすめします。

シチュエーション別の使用感

自宅での使用感:○

自宅の広い机で使用してみたところ、キーボードの性能としては驚くほど高く普通のノートPCと遜色ない入力感で大変満足です。
ただし、やはりスマホの画面サイズでは自宅のノートPCの画面には勝てません。自宅にいるときにわざわざしようしなくてえもいいかなと思いました。
それでもこのキーボードとスマホの携帯性は抜群なのでPCの前から離れて気分を変えたいときに役立つでしょう。

新幹線・飛行機での使用感:◎

このキーボードの長所を最大限にいかすことができるのは、新幹線や飛行機などの小さな机の上での作業を行うときです。キーボード自体は机のサイズにあい丁度良いですし、スマホをスタンドを利用しておいてもまだ余裕があります。
長時間の移動の間にも、このキーボードを手荷物にいれておけばさっと出して自分のスマホに旅の記録を残せるので非常に快適です。
電車の場合は、スタンドが軽くて素材も滑りやすいのでカーブなどでスマホごと滑ってしまうことがありますが、スマホの横に小物を置くなどして滑り対策がとれるので問題ないです。

バス・電車の座席での使用感:△

キーボードを膝の上に乗せて使用することは
できますが、乗せるポジションを間違えるとキーボードが曲がってしまいますので安定感はそこまで高くはありません。
また、膝の上に同時にキーボードとスマホをおくことができないので、少し窮屈になってしまいます。スマホスタンドを使わずに太ももに直において使うのがよいと思います。
それでも、鞄の平らな面を活用したり置場所を自分が作業しやすい場所にすることで入力作業は行えます。
(実際、この記事もバス移動の最中に書きました)

開封写真紹介

ここからは実際のキーボードのイメージがわかるように開封時の写真を紹介していきます。

箱はシンプルな外装です。

中身をあけると、キーボードとそのスタンドの小ささに驚きます。

きちんとした日本語での使用説明書やキーボード入力の注意点が同封されております。

カラーはブラックとホワイトがあります。私はブラックを選択しました。

説明書にはスマホとのペアリングのための手順が丁寧に書いてありましたがそれらを見なくてもペアリング設定が簡単に行えました。

さいごに

今回購入したこの「Bookey touch」がはじめての折り畳み式キーボードの購入でしたが、購入して大満足です。
スマホが持つPC並みのスペックは大変魅力的ですが唯一足りないものが「文章の入力性」でした。その弱点を補ってくれてかつスマホの高い携帯性を損なわないキーボードがこの「Bookey touch」です。
もしも、頻繁に外出先で文章入力作業を行う機会があり、かつPCの持ち運びが不便だなと思っているかたがいましたら、このキーボードでスマホへの入力を検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。