実用的なプレゼントにおすすめなワイヤレスイヤホン JBL free2

みなさんは音楽を聞くときにどんなイヤホンを使っていますか?最近はワイヤレスイヤホンが多く出て来ましたが、価格帯やデザインも様々で選ぶのは大変ですよね。
イヤホンのようにピンからキリまであるような商品は、ちょっと良いものは自分ではなかなか買う機会がないので、プレゼントとしてもらったら意外と嬉しい、という人は多いですよね。
ただ自分で使うイヤホンを選ぶのでさえ迷ってしまうのに、他人にプレゼントするイヤホンを選ぶとしたらどのような条件で絞っていけばいいのか迷ってしまいますよね。
かくいう私も家電量販店に通い実物を見たり様々に試聴してえらびました。

ここでは同じようにプレゼント選びで悩む人に向けて同じような経験をした私から、どんな人ならワイヤレスイヤホンをプレゼントして喜んでもらえるか、喜んでもらえないかというペルソナ、プレゼントとして選ぶためのポイントと最後に選んだ商品を紹介します。

こんな人ならワイヤレスイヤホンを喜んでくれる?or 送らないほうがいいかも?

例えばあなたがワイヤレスイヤホンをほしいなと思っていても、すべての人がそう思っているわけではないのがプレゼント選びの難しくもあり楽しいところです。ではどんな人なら喜んでもらえる可能性が高いのでしょうか。
ここでは筆者の独断と偏見で「喜んでくれる人」と「別のものを選んだほうがよさそうな人」の特徴を挙げてみたいと思います。

喜んでくれそうな人

  • 音楽をよく聞く
  • ヨガやストレッチ、筋トレなど運動が好きな人
  • 語学勉強や通信講座を受けている人

ワイヤレスイヤホンのメリットはずばりコードの煩わしさから解放されることです。有線イヤホンではいざ使おうと思って取り出したらコードが絡まっていたり、荷物の出し入れや運動時の動作の邪魔になってしまいます。
そんなときにワイヤレスイヤホンであれば一度接続されたあとはストレスレスに扱うことができるので大変おすすめです。機種によってはイヤホンで「再生・一時停止」や「音量変更」を行えますので、毎回わざわざスマホで操作する手間が省けます。

ワイヤレスイヤホン以外を選んだほうがよさそうな人

  • すでにワイヤレスイヤホンを持っている
  • 音質へのこだわりが強い人
  • クラシックを好んで聞く人
  • すぐにものをなくしてしまいがちな人

ワイヤレスイヤホンを送らないほうが良さそうな人は、上記の通りです。ワイヤレスイヤホンの音質はよくなってきましたが、やはりヘッドホンやスピーカーのような迫力あるサウンドには及びません。また、コードもなく小ぶりな本体ですので、よく物をなくす人だと気づいたら片側のイヤホンが無い!ということになるかもしれません。

上の基準を満たして、この人にワイヤレスイヤホンをプレゼントしようと決めた次は、いよいよ機種選びです。

ワイヤレスイヤホンの機種選びのポイント

私が重視したのは、

・耳への装着感
・最低限の音質
・シンプルなデザイン性
・電話、LINE通話への対応

の四点です。
特に難しかったのは、耳への装着感です。事前にプレゼントする相手に試聴してもらえることができれば装着感や音質で気に入ったものを選んでもらえますが、サプライズプレゼントとなると少し難しいですよね。

そんな私が選んだものがこの「JBL free2」です。

私が選んだ理由を紹介していきたいと思います。

「JBL free2」がプレゼントに良い理由

・耳への装着感 豊富なイヤーピースで万人向けカスタマイズ

ワイヤレスイヤホンはどうしてもイヤホン自体にバッテリーや無線機能を持たせるのでボディが大きくなってしまいます。そのため、女性のように耳が小さめの人だと、イヤホン部分が耳の穴に対して大きすぎたり、装着したときに耳から大きくはみ出してしまうことがあります。
この装着感・フィット感に対する不安を解消してくれたのが、この豊富なイヤーピースの数です。
「JBL free2」は「S・M・L」のイヤーピースに加え、本体のカバーも付属しております。さらに耳につけたときのフィット感を調節するために、「ハード・ソフト」の二つの硬さの素材のピースがついております。
プレゼントする前に、相手に会わせてイヤーピースを付け替えて準備することができますし、万が一合わなかったときでも、自分好みの装着感にカスタマイズしてくれるのではと思いました。

・高い音質

これは、ショップに実際に通って様々に聞き比べて、また店員さんに様々な流行を聞いて決めました。このJBLはスピーカーで有名なメーカーですし、このfree2は発売以来売り上げランキングで上位を維持しておりました。

・シンプルなデザイン性

普段日常使いをするもので、あまり派手なものだと他の小物と会わせづらかったりするので、このシンプルなデザインがよかったです。カラーは「ホワイト・ブラック」の二色展開です。
電源を入れると、BLuetoothの接続を示すブルーのライトが格好よく光って上品な印象を与えます。
また、イヤホンケース兼バッテリーもシンプルな丸いケースをしており、充電量を白いランプで示してくれます。

・電話、LINE通話への対応

実はワイヤレスイヤホンは電話通話には対応していても公式にLINE通話に対応していると紹介しているのは、iphone 用のイヤホンであるApple airのみということでした。プレゼントする相手がよくLINE通話をする人なら、通話のたびにイヤホンを切り替えさせるような手間はかけたくないなと思い、LINE通話ができるかを試しました。Androidスマホで試したところ、無事にJBL free2でLINE通話できました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。