海外出張を120%楽しむための10の挑戦!いかに現地の暮らしに溶け込むか

海外出張は期間によって様々ですが、旅行とはまたひと味違った海外での暮らしを経験するいい機会です。

平日は現地の人と同じ通勤電車に乗り、休日は地元に馴染んでゆっくりする。期間限定だからこそ、そんな風に過ごしたいなと思い、1か月ほどの滞在の間に以下の10個の目標を掲げてみたいと思います!

海外出張 中の10の挑戦

アパートメントタイプの宿に泊まって暮らす

短期の旅行や出張では、殆どの人がホテルを利用すると思います。ホテルは朝食もついて部屋の掃除もしてくれて、とても快適な暮らしができる場所です。ただし、今回はアパートタイプの部屋を選択しました。なぜならより現地の暮らし感を体験できると思ったからです。他にも、アパートタイプの部屋のほうが予算的に安かったと言うのもあります。

以下に述べる目標とも関係がありますが、調理器具や選択用品など必要なものが一通り揃っているので、海外の暮らしになれているかたなら快適に過ごせるのかもしれません。

現地の食材を買って自炊をしてみる

dav

スーパーでの買い物の様子

その国々の文化を感じられて、かつその違いも楽しめるものはやっぱり食事だと思います。レストランやカフェのメニュー表だけでもいいですが、やっぱり地元のスーパーが一番おもしろいと思います!

売っている品々はもちろんですが、売り場の広さやレジの方式まで日本との違いを感じる度に海外に来たのだなー、と思います。

mde

自炊なら不足しがちな野菜もたっぷりとれる

現地のスーパーで買った食材で日本風の料理を作っても面白いですし、現地の料理にチャレンジしてみたいです。

現地のレストラン・カフェに入ってみる

dav

Chicken tikka masala

sdr

外観もおしゃれ

自炊を行うといっても本場の味は本場のお店でしか味わえないと思うので、現地のお店にも挑戦したいと思います。

その国の有名料理や家庭の味的なメニューまで味わって、自分のお気に入りのメニューを探してみたいです。

その国の母国料理に限らず、日本食もあれば試してみると面白いです!

他の国から伝わって、その国で独自のアレンジが加わったものは多くあるかと思います。日本食もその一つで、「こんなの日本食じゃない!」と一蹴するのでなく、「こんなアレンジがされてる」、「意外といける!」など客観的に日本を感じられるいい機会になるかもしれません。

朝の町歩きをしてみる

sdr

朝の街歩き

私が好きな町の時間帯は朝です。朝は観光客などの人混みも少なく、地元の人々の時間です。国によっては朝イチが開かれて賑やかなところもあれば、公園でゆっくりウォーキングや体操をして過ごしている地元の人を見ることができるかもしれません。

休日の朝や出勤前のひとときに散歩してみてはいかがでしょうか?

sdr

パンフレットにのっていなくでも風情ある町並み

その国・都市の歴史や文化を学ぶ

dav

マンチェスターのマスコットシンボルは「Bee(蜂)」

これは海外旅行を問わず国内旅行でも大事にしていることですが、博物館などにいってその国の歴史や都市がどのように発展してきたかを知ることで、より町並みやそこに住む人々の暮らしに興味を持てるようになると私は考えています。いろいろな観光地を見て回るのであれば、そういった知識を得ていれば同じ物や景色を見た際にも受け取り方は大きくかわるはずですので、個人的には旅のなるべく早い段階でその国・都市の歴史や文化を学ぶことをおすすめします。

週末に旅行にいってみる

海外出張が一週間だけ、という場合には難しいですが、週末をはさむ場合には少し遠出してみるのもいいと思います。出張地が観光スポットならそこを回ればいいですし、残念ながらない場合には、その周辺の観光都市へ足をのばします。もし、予定の融通が利くのであれば、そこの宿泊先を予約して1泊2日のプチ旅行をしてみるのもいいですね。

季節のイベントを楽しむ

dav

クリスマスマーケット

出張の時期は選べないので、自分が好きなイベントを選んで出発するというのは難しいかと思いますが、それでも街中のローカルなイベントでもいいですしその国の季節を感じられるものを見たいですね。今回は12月ということでクリスマスシーズンなので、イルミネーションやクリスマスマーケットを楽しんできたいと思います。

現地の床屋にいってみる

sdr

現地の床屋さん、どういうようにオーダーするか。。

これは単なる思い付きですが、海外の床屋がどんなところか今まで経験したことがなかったので、今回思い切ってチャレンジしてみようかと思います。日本と同じようにシャワーがあるのか、カット中の世間話はあるのか。なかなかハードルが高そうですが、怖いもの見たさで突撃してみたいなと思います。

現地の人とスポーツをしてみる

スポーツは言葉の壁を超える、、ということはあるのでしょうか。機会があれば現地の人々に交じってスポーツをしたいなと思います。何かのチームスポーツだといいですが、その機会がなかったとしても公園で地元ランナーと一緒にジョギングする、など臨機応変に対応していきたいなと思います。

健康で安全第一に過ごして無事に帰ってくる

今まで複数の目標を挙げてきましたが、やはり一番は健康と安全だと思います。

出張中は慣れない土地であることに加えて、急激な環境の変化や疲れから体調を崩してしまいがちです。また、会社で許可の出た国ですので基本的には安全な国ですが、それでも日本に比べて油断のできない場所は多いです。

無事に帰ってくることが当たり前ですが、一番大事なことのように思えます。

出張先情報

ご参考までに、上記の目標を達成するのはどの国での出張かを述べます。

国名 イギリス

期間 1か月

時期 12月

最後に

海外出張で海外での暮らしを経験するために10個の目標を掲げてみました。本業を忘れずに、あくまで出張の「スパイス」として、無理のない範囲でこれらのことに挑戦していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。