日々の習慣からExpとGold獲得!RPG風ToDoリストアプリ Habitica

前回の記事で日々の生活中のあらゆる事柄をRPGゲームの経験値EXPやゴールドを自分で設定して、日々の頑張る過程においても報酬が入るような仕組みづくりをしたいと紹介しました。‌

そんな記事を書いた直後まさしく私が希望していた通りのアプリがあることを知ったのです。それがこの Habitica というアプリです。今回はこのHabiticaを活用して日々の生活のRPG化へどのように役立てたかということを紹介します。

Habitica とは

Habiticaとは「習慣」・「日課」・「ToDo」・報酬の4項目を管理する「ToDo」アプリです。しかし、一般の事務的な「ToDo」アプリと異なるのは、自身のアバターが存在し、RPGのように体力、経験値そして所持ゴールドのステータスがあることです。

他のToDo系アプリとの最大の違いは、タスク達成報酬にゴールドが設けられていることです。このゴールドを貯めて「ご褒美」に追加した自分の欲しいものを購入できるので、頑張った自分へのご褒美のきっかけとして利用することもできます。
アプリの使い方はシンプルで先ほど紹介した「習慣」・「日課」・「ToDo」 の3項目に対して自分が達成したいという項目を設定します。設定した項目に対してそれを達成できた時はプラスまたはチェックをつけて完了済みとして、もし達成できなかった場合は記録しないという「ToDo」リストと同じ要領で運用します。
各項目は自分で難易度を設定でき、難易度に応じて達成した時に得られるゴールドや経験値が異なります。タスクを達成することで得られた経験値がたまるとレベルアップして、ある一定のレベルに達すると今までロックされていた機能が使えるようになります。
それぞれ項目ごとに特色が違うので以下から紹介していきたいと思います。‌

Habiticaのパラメータの紹介

「習慣」

「習慣」には自分が「習慣」化したい項目を設定します。この項目は一度達成したら終了というものではなく繰り返し達成をチェックする項目になります。

そのため達成チェックの有無ではなく、プラスかマイナスでの記録となります。例えば自分が「習慣」化したいことを項目として設定しその項目を実際にできたらプラスでのボタンを押します。そうするとその項目が一回できたということで経験値が得られます。
逆にそれをやめたい、もしくは改善したいという項目も同様にセットすることができます。設定された項目を万が一やってしまった場合はマイナスのボタンを押します。そうするとペナルティーとしてプレイヤーの体力が減少します。マイナスの「習慣」項目を行ってしまっても経験値やゴールドは減らず体力だけが減ります。

ただしこの体力も減り続けるとゲームオーバーとなってしまい、この減った体力を回復するにはレベルアップによる体力の自動回復かアイテムの「回復薬」による回復しかありません。
自分のやめたい「習慣」も設定することで日々の生活の中で意識することができます。

この「習慣」の項目には、早寝・早起きをするなどがあります。逆に悪い「習慣」としては、甘いものの過剰摂取を設定しました。

「日課」

「日課」は前述の「習慣」と似ていますが、「日課」は継続的に行う「ToDo」リストというイメージです。

この「日課」に登録できる項目は「習慣」と同様に自由に入力できますが、違うところとして「繰り返し」の項目があります。
この繰り返しの項目は日・週・月単位など選べます。これは例えば週末だけ運動を行うという時には繰り返し単位を週に洗濯して土曜日と日曜日にチェックを入れます。また平日の水曜日1日と休日の土曜日に1日行うという項目があれば同様に水曜日と土曜日にチェックを入れます。このようにして一回だけで終わらないけれど「習慣」と異なり具体的な作業が必要な項目をこの「日課」とします

Habiticaでは通常の「日課」に従って行うべき期限付きのタスクをこの「日課」に登録するという風に説明しております。

「ToDo」

「ToDo」リストは自分が行うと決めた項目のリストで普段から馴染みのあるものです。

これは前出の「「習慣」」や「「日課」」と異なり一回で終了する作業をリストします。自分がやりたいことのリスト・備忘録としての活用が期待できます。

ご褒美

このアプリの最大の特徴として、この「ご褒美」という項目があります。これは「習慣」・「日課」・「ToDo」リスト達成の時にもらえる、「ゴールド」を用いて、ご褒美項目の中から所持金に応じたご褒美アイテムを購入できます。購入と言っても、アプリ内の「ゴールド」を使用するのみなので、現実のお金を使用するわけではありませんので安心してください。
初期設定では、この「ご褒美」のリストにはアバターの着せ替えできる装備品のみが並んいますが、なんと自分でアイテムの追加が出来るのです。つまり、現実世界で自分が買いたいものを、アプリ内で「ご褒美アイテム」として、設定することができます。普段なかなか買えない自分へのご褒美をここに設定することで、それを買うために日々コツコツとゴールドを貯めるために、日々のタスクへのモチベーションも上がります。

タスクの難易度と各報酬の値の違い

今までに紹介してきた、「習慣」「日課」「ToDo」の総称を「タスク」とします。
これらのタスクを終えると得られるパラメータとして、以下の3つがあります。

Exp(経験値)

一定値まで上がるとレベルアップする
難易度に比例して3の倍数的に得られる

Gold(ゴールド)

ご褒美」のアイテムを購入できる
難易度に比例して「+0.5」ずつ得られる

Attack(攻撃力)

バトル・イベントにて参照される
難易度に関わらず「+1」得られる

各タスク毎の難易度は、以下の4種類があり、それぞれ得られるパラメータの基本値がことなります。

ちょいちょい

Exp 1 / gold 0.1 / attack 1

かんたん

Exp 6 / gold 1 / attack 1

ふつう

Exp 9 / gold 1.5 / attack 1

むずかしい

Exp 12 / gold 2 / attack 1

この表から実際にご褒美を決める際のゴールド指数(1ゴールド = 何円 に相当するか)として私が考えたのは、1ゴールド = 100円です。
つまり簡単なことを達成したら一回100円貯まるというシステムで運用してます。
今回はアプリの仕様上、難易度が高いタスクを達成するよりも、数をこなした方がゴールド多く稼げます
1タスク毎の達成ゴールドを上げたい場合は、同じ項目をコピーして達成するなどのやり方に工夫が必要かと思います。

その他の機能

初めはアンロックされていないですが、レベルが上がったりプレイ日数が増えてくると解除される機能があります。例えば、「パーティー機能」や「ギルド機能」、そして「ジョブチェンジ機能」があります。
これらが解放されるのはそれぞれあるレベルに到達したときなので、日々の業務をこなしてレベルアップした時にはここで報告したいと思います。

インストールとセットアップ方法

このアプリをインストールしたらまず始めに行うべきことは言語設定の変更です。初期設定では、英語でチュートリアルや設定が進んでいくので、設定が不安な人のためにその流れを以下に示します。

インストールして最初の画面では、Register(登録)を選択して次の画面でIDやメールアドレスを入力します。Googleアカウントやその他のアカウントと紐付けることでログインすることが可能です。

登録後はこのアプリ内で表示される名前・アカウントIDを登録します。
その後は簡単ですが自身のアバターを設定します。変更できるのは、以下の項目です。

  • 髪型
  • 肌の色
  • 体型
  • 細かなパーツ

細かい変更は変更や調整ができませんが、それでも十分愛着がわく自分のアバターが完成します。アバターの編集は設定画面からいつでも変更できます。また、アバターに着せる「アクセサリー」や「装備品」は、ゴールドを貯めてご褒美をアンロックすることやジュエリーと呼ばれる特別アイテムを使うことでアンロックすることができます。

アバターの登録が終わったらいよいよチュートリアルの開始です。まず初めの画面では、「習慣」化したい項目を選択しますが、後で自分で新規に登録するのでここは適当で構いません。深く考えすぎずに選びましょう

最後に

日々の「習慣」をRPGゲームのようにEXP・ゴールドとして記録することのできる「Habitica」を紹介しました。このアプリは本当にバランス調整がしやすく、何より他の「ToDo」アプリにはない、「ご褒美」という項目があるのがプラスの面です。
日々の生活を少しでもゲーム知育に楽しくしたいという風に思った方は是非このアプリをインストールしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。