カエレバの画面が大きくなってしまう時は「 サイトアクセラレーター 」を確認

私のブログでも使用している、カエレバですが一部の画像表記が大きくなってしまう表示不具合がありました。

こうするとWeb閲覧の際に見苦しくなってしまいます。

今回はその不具合を解消するために WordPress の設定を確かめました。

いくつかのサイトを調べてみたところ WordPress のプラグインの一つである「JetPack」のなかの「Photon」という設定が表示をおかしくさせているようです。

実際にJetPackの設定変更画面へのアクセスの仕方は以下の記事を参考にしてください。

JetPackで「Photon」を検索

さて、機能一覧で「Photon」を探しても見つかりません。その場合は画面右側にある検索ボックスで「Photon」と入力してみてください。

そうすると「画像 cdn」 という項目が検索されました。 

この「画像 cdn」 の項目の有効化を解除し無効化します。

そしてJetPackのNote書きを見てみると「Photon」は現在は「Site Accelerator」と名前を書いているようです。

JetPackで「Site Accelerator」を検索

そこで今回も同じように「Site Accelerator」で検索を行います。

そうすると「 アセット cdn」という項目が検索されました。 

この「アセット cdn」 の項目の有効化を解除し無効化します。

JetPackで「 サイトアクセラレーター を無効化」を検索

最後にダッシュボードなどがあるウィンドウからJetPackの設定からパフォーマンスタブを開きます。その中にある「サイトアクセラレーターを有効化」のボタンを無効化すると、カエレバの商品画像が非常に大きく表示される問題が解決されます。

最後に

今回は私のブログでも使用している、カエレバですが一部の画像表記が大きくなってしまう表示不具合の解決方法を紹介しました。

プラグインやサービスのアップデートで表示が変わってしまうことは多々ありますし。また、一人一人設定が違うので検索したところで自分の設定と完全に一致していないかもしれません。

そんな人の少しでも助けになればと考えて紹介しました。

「ブログ」カテゴリーでは、こんな感じのTipsや更新履歴も残しているのでよければご参考までにどうぞ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。