Docker for Windows 10 をinstall

今回はWindows 10にDockerをインストールしたので、その手順を公開いたします。

既に公開された記事などを見ると「DockerはWindowsには向かない」とか「環境構築が大変」という評判を聞きます。実際私も途中でエラーが出てその原因を調査したりしてなんだかんだで数時間はかかりました。

これからインストールする人の助けとなればと思い、今回はDockerをWindows PCにインストールした際の作業ログを公開します。

Windows 10のエディションを確認

DockerはWindows 10 Pro, Windows 10 Homeでインストール手順が異なります。

この記事は「Windows 10 Pro」のインストールを想定していますので、まずは自身のWindows 10のエディションを確認しましょう。

Windows 10 エディションの確認方法

Windowsボタンを押す
→「con」と入力
→検索結果から「コントロールパネル」を選択
→「システムとセキュリティ」を選択
→「システム」を選択
→[コンピューターの基本的な情報の表示] – [Windowsのエディション]を確認

Docker for Windows 10 のインストール

Docker hubへの会員登録

Docker Desktop for Windowsへアクセスし、「Sign Up」で会員登録します。

プランは「Individual:個人」の中の「Community: $0/month」を選択します。

インストール前の設定変更 「Hyper-V」有効化

Docker for Windows 10をインストールする前にWindows 10の「Hyper-V」を有効化する必要があります。

Hyper-Vの有効化方法
Windowsボタンを押す
→「con」と入力
→検索結果から「コントロールパネル」を選択
→「プログラム」を選択
→「プログラムと機能」を選択
→「プログラム」を選択
→「Windowsの機能の有効化または無効化」を選択
→「Hyper-V」にチェック
→再起動(Hyper-Vの有効化)

Docker Desktop for Windows のインストール

Windows 10のHyper-Vの有効化が終わったらいよいよDockerのインストールです。前の章で紹介したDocker Hubへのログインを済ませていることをあわせて確認してから以下の作業を行ってください。
Docker Desktop for Windows のインストール方法
Docker Desktop for Windowsへアクセス
→「Get Docker」をクリックしてインストーラをダウンロード
→「Docker for Windows Installer.exe」を実行
→表示に従って「Next」をクリックしインストールを完了させる
→デスクトップの「Docker Desktop」を起動

Dockerを立ち上げて確認

Dockerのインストールが終了したら、起動できるか確認を行います。確認には、コマンドプロンプトからDockerを立ち上げてみます。

Dockerのインストールを確認する方法
Windowsボタンを押す
→「cmd」と入力
→検索結果から「コマンドプロンプト」を選択
→「docker version」と入力

インストールが無事成功した場合は正常にVer.情報が以下のように表示されます。

失敗した場合は以下のようにエラー文が表示されます。

上のエラー文は実際に私がインストールした際に現れた文章です。

このエラーの原因とその解決方法について以下に示します。

エラーへの対処:”Docker Desktop – Access denied”

Docker Desktop起動時に”Docker Desktop – Access denied”のエラーが出る場合があります。

その際は以下の方法でdocker-usersグループに、Dockerを利用したいユーザーを追加する必要があります。
グループにユーザーを追加するには管理者権限が必要なので、以下の処理は管理者権限のユーザーで行ってください。

私は、PC購入時の最初のアカウントを日本語名で入力してしまったため、種々のプログラムをインストールする際に起こりうる問題を避けるために、User名を英語にしたサブアカウントを使用しています。

今回のエラーの原因はこのサブアカウントがDocker DesktopのUserに登録されていなかったためです。

解決方法するためにUserを追加します。

docker-usersグループにUserを追加する方法
Windowsボタン+[x]キーを押す
→「コンピューターの管理」を選択
→「ローカルユーザーとグループ」を選択し「グループ」を選択
→「docker-users」を右クリックし「プロパティ」を選択
→「追加」を選択
→「選択するオブジェクト名」に追加したいサブアカウント名を入力
→「名前の確認」をクリック後に「OK」
今回の操作は少々わかりにくいので以下に画像も交えて説明します。
Windowsボタン+[x]キーを押し「コンピューターの管理」を選択します。

「ローカルユーザーとグループ」を選択し「グループ」を選択してください。すると一覧が出るのでその中から「docker-users」を右クリックし「プロパティ」を選択します。

docker-usersのプロパティでは、最初はメインのUser名(PC購入時に設定したもの)のみが表示されています。「追加」を選択してください。

→選択するオブジェクト名」に追加したいサブアカウント名を入力します。私の場合はサブアカウント名は「Mark」なのでそう入力します。
その後「名前の確認」をクリックするとXXX(PC名) \ Markというように表示されます。確認後に「OK」を押します。

先ほど追加したサブアカウントがUserとして追加されたことを確認して設定は終了です。

注意:Userの追加はメインアカウントから行うこと

上で説明したサブアカウントの追加は、必ずメインアカウントから行うようにしてください。

サブアカウントにログインした状態からサブアカウントのUser追加を行おうとしても以下のようにエラーメッセージが出てしまいます。

最後に

今回はWindows 10にDockerをインストールしたので、これからインストールする人の助けとなればと思い作業ログを公開しました。

既に公開された記事などを見ると「DockerはWindowsには向かない」とか「環境構築が大変」という評判を聞きます。実際私も途中でエラーが出てその原因を調査したりしてなんだかんだで数時間はかかりました。

PCの環境や設定によってそれぞれつまずく原因が違うと思いますが、少しでも本記事が役に立てればと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。