マネーブリッジ で圧倒的金利0.1%を得る! 楽天銀行と楽天証券の開設方法

日々の節約で貯めたお金、貴方はどこに貯金していますか?
銀行の普通預金に貯金している人、実は損しているかもしれません。

かといって、金利の良い定期預金などにいれると「必要なときにすぐに使えない」という点が不便です。

そんな人におすすめしたいのが、ネット銀行の一つである「楽天銀行」です。「 マネーブリッジ 」という条件を満たすと金利が「0.1%」と普通の銀行の100倍もの利率になります。

生活資金や非常用にいつでも使えるようにしておきたい資金を入れておくにはぴったりの口座なので興味がある人は以下の記事を参考にして是非開設してみてください。

まずは、楽天銀行のマネーブリッジとはどのような特徴か見ていきましょう。

楽天銀行の「 マネーブリッジ 」とは?

楽天銀行のマネーブリッジとは「楽天証券」と「楽天銀行」が共同で提供する口座連携サービスで無料で申し込むことができます。

メリットは、

普通預金の優遇金利やサービスの利用に応じて「楽天スーパーポイント」がもらえるお得なサービスです。
また、楽天証券で投資やNISAで資産運用を行う人は、銀行と証券の口座間の資金移動が簡単になります。

デメリットは、

「楽天銀行」の口座をつくると同時に、「楽天証券」も口座登録する必要があります。
ただし、楽天銀行も楽天証券もどちらも口座開設費や維持管理費はかからないため、実質かかるのは口座開設までの労力のみです。

それでは、メリットで挙げた内容をもう少し見てみましょう。

待遇金利

マネーブリッジ(無料)にお申込みいただくだけで、楽天銀行の普通預金に優遇金利が適用されて普通預金金利が年0.10% (税引き後 0.079%)となります。

この金利は一般の銀行の普通預金に比べて楽天銀行のマネーブリッジ利用者は金利が100倍ということです!

楽天銀行HP

銀行に預けてもなかなか増えないゼロ金利に近い低金利時代の中で0.1%は異常な高金利の普通預金ですね。
仮に100万円を金利0.001%の銀行に預けても得られる利息は10円ですが、金利が年0.10%となった楽天銀行であれば利息は1000円です!
(* 簡単のため税引き前の金利で計算)

以下は、その高金利に加えてさらについてくるメリットです。

2. 楽天市場利用時のポイントが+2.0倍

日常の買い物で楽天市場、楽天カードを利用している人であれば、
「楽天カードと楽天銀行の連携 +1.0倍」
「楽天証券の口座開設 +1.0倍」
で合計+2.0倍となります。

日々の買い物で得られるポイントがベースアップしますので、楽天市場を利用する機会の多い人にとってはメリットですね。

3.ハッピープログラム

楽天証券での取引に応じて楽天スーパーポイントがどんどん貯まって、受け取ったポイントは楽天市場でのお買いものなどに使えます。

さらに、利用状況に応じて楽天銀行の会員ステージが決まり、ATM手数料無料回数アップなどの特典も得られます。

例えば普通預金100万円以上で、「VIP会員」となりATM利用手数料が月5回まで無料となります。

楽天銀行HP

マネーブリッジ申込のために、楽天銀行と楽天証券を開設しよう!

マネーブリッジに申込むには、「楽天銀行」、「楽天証券」の両方に口座開設が必要です。
口座開設、口座管理料・維持料はもちろん無料です。

基本的に片方を申し込めば、もう片方の申し込みも聞かれる場合があり同時に申請できてしまいます。

しかし、楽天では頻繁に「キャンペーン」を開催しており、例えば口座開設で1000円分のポイントがもらえるのですが、それらは個別に「エントリー」という楽天HPから事前に「このサービスに申し込みますからキャンペーンの適用をお願いします」という事前予約が必要です。

なので、「楽天銀行」も「楽天証券」のどちらも持っていない方でも、個別に一個ずつ申込を行って、「キャンペーン」を利用した方がお得です。

楽天銀行カンタン口座開設

楽天銀行の口座開設は、まずはネット上で住所・電話番号などの必要な情報を入力していきます。

その後に、口座開設のための必要書類(身分証明書やマイナンバーカード・通知書)を提出する必要があります。

今は必要書類提出のためのアプリがあるので、簡単な手続きで済みますので口座開設までに必要な時間は30~1時間あれば十分です。

その後、楽天銀行の方で審査が行われて数日後に口座開設の連絡がきます。

楽天銀行の口座開設ができてログインができるようになったら、続いて楽天証券です。

楽天証券口座の口座開設

証券会社の口座開設には、いくつか選択肢があります。

口座開設申し込みの際には必ず、「特定口座」にするか「一般口座」にするか選択する必要があります。

特定口座を開設する場合には「源泉徴収あり」にするか「源泉徴収なし」にするかということが尋ねられます。

基本的に、楽天証券で資産運用をする予定の無い方は以下の「源泉徴収ありの特定口座」を選択するとよいです。

今後資産運用を行う予定がある、つみたてNISAなどに興味がある人は以下を読んだうえで選択してください。

楽天証券で資産運用を行いたい方向け

このとき「特定口座」「源泉徴収」など聞きなじみのない言葉が並び、口座開設って難しそうと思いがちですがここで簡単に言葉の解説をしますので安心してください。

「特定口座」と「一般口座」
投資によって年間20万円以上の利益を出すと「確定申告」をして税金を納めることが必要となります。その際に年間の売買や損益の履歴をまとめた書類を準備する必要があるのですが、その書類を作成してくれるシステムがあるのが「特定口座」ないのが「一般口座」です。

「一般口座」だと確定申告に必要な書類作成を全て自分でやらないといけないので、「特定口座」を選択しておくことは必須と言えます。

この次に「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の違いです。

「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」

「源泉徴収あり」の場合は必要な手続きを証券会社が代行してくれるので確定申告の必要がありません。

「源泉徴収なし」は確定申告に必要な手続きを全て自分で行うというものです。

「源泉徴収あり」を選択すると証券会社が確定申告を代行してくれるので手軽な感じがしますが、こちらを選ぶと利益が20万円以下、つまり確定申告をする必要がない状態でも利益が発生した時点で約20%の税金が自動的に徴収されてしまいます。

少額の取引しか行う予定がない、もしくは証券会社で取引を行わないと決めている方であれば源泉徴収ありでもなしでもどちらを選んでも問題ないです。

ただし、将来資産運用を検討していていつか20万円以上の利益を生み出したいと考えている人、かつ、確定申告をするのが面倒な人源泉徴収ありを選択するのが無難です。

いよいよマネーブリッジの申し込み

楽天銀行・楽天証券の双方の口座が開設できたら、楽天銀行の口座にログインして、

「商品・サービス一覧」→「マネーブリッジ」からお申込むことができます。

このとき、マネーブリッジ申込はPCサイトからのみです。

最後に

今回は、ネット銀行の一つである「楽天銀行」の「 マネーブリッジ 」を行い金利「0.1%」を得るために、楽天銀行と楽天証券の口座開設方法について紹介しました。

人生100年時代が叫ばれていますが、寿命が延びた分、老後のために必要な資産が増えたということです。加えて、今20代の人は今後控えるライフイベント「結婚」「住宅購入」「教育資金」があり、必要になる金額が圧倒的に多いのです。

20代の方が持っている「時間」のメリットを最大限に利用するために、「効率よく」「楽に」資産運用できる仕組みを早いうちからつくることで、資産運用を行わなかった場合と比べて将来大きな差を生み出します。

この他にも20代からできる資産運用に興味がある人は下の記事もどうぞ。

今回このブログで紹介したもののうちから一つでも始めてみることで、あなたも資産運用の第一歩を踏み出してみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。