ベトナム旅行 |ハノイ-ドンホイ-フエ-ダナン| 現地人と回る4都市縦断コースを紹介

私が2017年のGWにて、現地のベトナム人の友人がプランニングしてくれた4泊5日の ベトナム旅行 をしてきましたので、その記録を紹介します。ベトナムは日本からも6時間ほどで訪れやすく、料理や国民性も日本人に馴染みやすいので多くのリピーターがいる国です。

今回は夜行列車や車を用いての移動で効率的に回れたため4都市縦断できましたが、全行程を参考にするのでなく、一都市一都市の観光のまわる方でも参考にしていただければいいなと思います。

現地人のお勧め満載 ベトナム旅行 プラン

ガイドブックに載っていない隠れた名所

ベトナム旅行

ベトナムを縦断する中で、ガイドブックには載っていない隠れた名所をいくつか発見できたので紹介していきます。

それらの名所では、地元の人がゆっくりと過ごしていたり、またベトナム人のカップルが結婚式の写真撮影を行っていたりします。

今回私が行った穴場スポットとしては、

  • フォンニャ洞窟 (ドンホイ)
  • ドンホイ砂丘(ドンホイ)
  • 夜の王宮(フエ)
  • ハイヴァン峠(フエ-ダナン間)

もちろん、その他のメジャーどころの観光地も行きましたので、それらの紹介も各都市毎で行います。

ローカルのレストラン、ローカルフードを堪能

ベトナムのローカルレストラン、ローカルフード

実はベトナムの都市によって食べ物の特徴が異なります。例えば、

  • 北部(ハノイなど):フォーなどで代表される薄味・さっぱり料理が多い
  • 中部(ダナンなど):魚介類をふんだんに使った、スパイシーな料理が多い
  • 南部(ホーチミン):生春巻きやベトナム風お好み焼きなどの生地物、ココナッツ風味の甘目の料理
  • 王宮料理(フエ):見た目も味も他の都市とは異なり、一段と華やかでおいしい料理が多い

といった特徴があります。

大まかに、北部ーさっぱり、中部ー辛い、南部ー甘い、といった区分けができます。

中でもフエは、昔の王宮都市として料理文化も発展しており、見た目が華やかなものや、味つけも日本人好みの美味しい料理が多いのでお勧めです。

現地の人と同じ目線で観光を

ベトナム 観光の足

ベトナムの観光地でよく見かけるのは、トゥクトゥクが有名ですがその他にも様々な乗り物があります。

ベトナム人プランニング ルートの紹介

[1日目] ハノイ日中観光~寝台列車~ドンホイ

ハノイの国際空港に着いたら、日中はハノイ市内で観光。

ハノイでお土産屋さん巡りをするもよし、有名な「ホアンキエム湖」のほとりでゆっくりするのもいいでしょう。

ホアンキエム湖の周辺には買い物スポットも多くあり、ベトナムシルクやアジアン雑貨を買うこともできます。

ホアンキエム湖周辺の散策が終わったら湖を眺めながらの食事、夜にはライトアップされてとても綺麗な景色を一望できます。ハノイ ホアンキエム湖

腹ごしらえを終えたら、ハノイ駅21時過ぎ発の鉄道でサイゴン方面行に乗りドンホイを目指します。

寝台列車(ハノイ-ドンホイ)

寝台列車(ハノイ-ドンホイ)

寝台列車の予約・乗り方はコチラ

[2日目] ドンホイ観光(フォンニャ洞窟・砂丘)

朝8時ごろにドンホイに到着です。

到着後は少しゆっくりと朝食をとったのちに、フォンニャ洞窟へ向かいます。

フォンニャ洞窟までは、ドンホイ駅から車で約1時間ほどの距離にあります。

日中の熱い時間帯は、鍾乳洞探検で涼しく過ごしましょう。

ドンホイ観光 フォンニャ洞窟

洞窟探検クルーズが終わったら、再びドンホイ駅方面へ戻りつつ、砂丘を目指します。

夕方ごろに砂丘につくと綺麗な夕日が見られます。この場所は観光客もあまりいないのでゆっくりと過ごすことができます。

地元の人は、段ボール等をつかって砂丘すべりをしたりカップル同士座ってゆっくりとした時間を過ごしています。

ドンホイ観光 砂丘

ドンホイ砂漠(ドンホイ)

[3日目] フエ観光(フエ料理巡り~王宮ライトアップ)

ドンホイから車で2時間ほどの距離に古都フエがあります。

日中はフエの名物料理を堪能したり、王宮周辺をトゥクトゥクや自転車等で散策しました。

そして、夜には再度ライトアップされた王宮の中へ。

夜の王宮内では、昔の宮中の遊びや、ベトナムの伝統舞踊、そしてファイヤーダンス等を見ることが出来ます。

[衣装も昔の王宮を再現、サイコロ遊び]

王宮を一通り見終わったあとは、賑やかな方へと誘われていけば近くの河川で様々な夜店が出ているのでそこを楽しむのもよし。

静かにライトアップされた王宮を外から眺めるもよし。

様々な楽しみ方ができます。

[4日目] ダナン観光(レディブッダ~ビーチ~ドラゴンブリッジ)

4日目はフエからダナンへ、車で3時間ほどの道のりを進みます。

途中で、「ハイヴァン峠」を通ってベトナム戦争時代の傷跡と、リゾート地ダナンの絶景を楽しみます。

このコースは外国人観光客がレンタルバイクで走ってる姿も見られました。

 [頂上付近に今なお残る、戦争の傷跡]

ハイヴァン峠(フエーダナン)

そして、峠を下るとそこはリゾート地ダナンです!

到着したらリゾートビーチで涼み遊びましょう。ビーチサイドにはいろいろなレストランもあるので、海水浴の帰りに美味しい魚料理とビールを飲むのは最高です。

また天気が良ければ、レディブッダからの景色も絶景です。

旅から見えたベトナム人の国民性

コーヒーとおしゃべりが大好き

家族・友人を大切にする

ベトナム戦争の暗い影

最後に

今回のプランは、都市間の移動のほとんどが車です。

ベトナムに何度も行って慣れているという方ならば、このプランで回れるかもしれませんが、正直現地人のサポートがないとベトナムになじみの薄い人にとっては難しいかもしれません。

全行程をこのプランに沿うのでなく、一都市一都市の観光のまわり方の少しでも参考になれば幸いです。

各都市の詳細な観光情報は、各都市リンクからご参照ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。